ezwebへの中古ドメインの影響とクオリティ

中古ドメインを活用する際、少ないですが確実にあるのが通信キャリア対策と言われています。通信キャリアはキャリアメールを提供していますが、各キャリアメールはフィルタリングがとても厳しく、多くのメールアドレスが届きません。もちろん、フィルタリングを緩めてもらえばいいのですが、設定が面倒なこともあって対処してくれる顧客は少ないものです。そこで注目されているのがezwebにも届く中古ドメインのメールアドレスです。メールアドレスはスパムさえ出していなければ登録が古いドメインの方が信頼性が高いと考えられています。そのため、登録年の古い中古ドメインを利用すればezwebを含む通信キャリアメールにメールを届けることができると期待されています。特に通信販売をしている企業にとっては重要なことであり、高くても中古ドメインを利用する企業が増えています。中古ドメインは履歴が無料でチェックできますので登録年も含めて購入前に調べられるのも嬉しいところです。中古ドメインの利用にあたってはコンテンツのクオリティ不足を補う目的で購入するケースも増えています。検索サイトではコンテンツのクオリティによって検索順位を決めていることが分かっています。しかし、新規のウェブサイトの場合、コンテンツをいきなり増やすことは難しいです。そこで中古ドメインが持つ過去のコンテンツのインデックスを活用するウェブサイトが増えています。インデックスは検索エンジンが作るウェブサイトの評価であり、サイトが変わっても暫くの間残ることが多いです。このインデックスはウェブサイトの評価を決めるものであり、新規ウェブサイトでコンテンツが足りなくても暫くの間は過去の評価を上乗せしてくれると期待されています。